会員の業務

協議会に加盟している会員各社は、測量設計業と言われる業務に携わっています。道路・河川・上下水道等はインフラと呼ばれますが、私たちは、これらの整備に不可欠となる「測量」や「設計」を主な仕事としています。これらの仕事は、国や地方自治体の公共事業や宅地開発などの民間事業で発注されます。なお「設計」の分野は、「建設コンサルタント」とも呼びます。

またこのほかに公共事業に付随する建物等の「補償業務」も含んでおり、さらに実際に道路等を建設する段階で発注者及び施工会社を支援する「施工監理」も行っています。

会員の業務の主な流れ

測量について

測量業務の解説図

測量には様々なものがあり、以下のような測量を行っています。

  • 基準点測量
  • 路線測量
  • 地形測量
  • 水準測量
  • 用地測量
  • 河川・深浅測量
  • 地籍測量
  • GNSS測量

建設コンサルタントについて

建設コンサルタントは、「社会資本整備のなかで、これまで主として調査・計画・設計等の業務において事業者の事業執行を支援し、パートナーとしてその役割を担ってきました。(中略)近い将来、社会的合意形成や事業執行のマネジメントを事業者に代わって担当する役割や第三者の立場で設計審査や施工監理を実施する役割を担うことが必要になっています。」

(出典:(社)建設コンサルタンツ協会)

このように建設コンサルタントの目指す仕事は、道路・河川等の設計にとどまらず、事業者を直接支援する仕事を含み、非常に高い技術と経験を必要とするものです。

さらに当協議会の会員にあっては、地域のことを熟知しており、そのメリットを生かし事業者へよりきめ細かく対応できる体制を整えています。

開発申請支援業務について

民間事業者が実施する宅地開発・工業団地開発等において、監督官庁からの許可等を受けるため、測量・設計の技術を用いて必要な図書の作成と協議を行い、事業者を支援しています。

開発申請支援業務の流れ

補償業務について

補償業務は、公共事業の工事によって生じる建物被害等に関して、工事の事前・事後に行う建物等の調査、費用の負担額の算定及び費用負担の説明が主な仕事になっています。

補償業務の部門

  • 土地調査部門
  • 土地評価部門
  • 物件部門
  • 機械工作部門
  • 営業補償・特殊補償部門
  • 事業損失部門
  • 補償関連部門
  • 総合補償部門

施工監理について

施工監理現場の空撮写真

施工の現場においては、計画どおりに施工を行うことや予期せぬ現地条件に臨機応変に対応することが重要です。設計者による施工監理は、こうしたニーズを受け、設計者が施工の現場に常駐して、設計の変更に対応しながら工事を監理し、円滑な事業の推進に貢献しています。